仮想化基盤は障害に強い理由について

これまで物理サーバーの障害では特にハードウェアに何か問題が発生すると電源が入らなくなったり、データを読み出せなくなる等、システムを継続していくのに何かと支障をきたすことがよくありました。

このような背景から物理サーバーに対してクラスタリングを駆使した冗長化構成を導入したりして障害に対する防衛策を講じてきました。しかし、このような構成は物理サーバーすべてに対応していくことは難しく、そのため障害に対して万全な体制が整っているとは言えない状況が続いていました。

そのような中でこのような問題を解決すべく登場したのが仮想化基盤モデルです。



仮想化基盤とはどのような点で物理サーバーに比べて優れているのかと言いますと、導入したシステムの一つ一つがいずれも冗長化構成になるという点です。

マイナビニュースの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

また障害についても、例えば、仮想化基盤を導入してしばらく運用していく中である日マシンのハードウェアに何らかの障害が発生してその後そのマシンが動かなくなった、という状況においても仮想化基盤であればシステムをシャットダウンすることなく他の物理マシンにそのシステムを退避させることができます。

それどころか状況に応じてシステムの再起動までできるようになっているのです。

このような特徴から仮想化を実現することで障害に対して物理マシンモデルの場合よりも堅牢性が高まります。
サーバーはシステムがいかに継続して動き続けることが重要となります。

仮想化基盤を導入することでより安定したサーバーを手に入れることができるのです。